フミの恋文

好きなコスメ、香水、宝石、映画、音楽、その他カルチャーへの想いを綴るブログ

香り水を薦める話①

 

前略

 

こんにちは、気が乗らないと書けない女です。気が乗ったので、書こうと思います。

 

先日、同期が香水を買いまして。

初香水というやつだったんですけどね、そのチョイスが

 

ゲラン

ラ プティット ローブ ノワール

ブラック パーフェクト

 

おゲラン大好きな私、勝手にテンション爆上げです。ゲランじゃん!!と。

おゲランの看板娘、ラプティちゃんと言えば、ボトルに描かれた黒いシルエットの、ドレスを纏った可憐な女の子……。

 

昨年10月に発売されたこちら、ブラックパーフェクトはシリーズ他の作品とは一線を画し、カッコいいテイストにプロモーションされてました。

 


f:id:fumi_miyagawa:20180809065211j:image

(公式より)

 

レザーライダース姿のラプティちゃんが、バイクで疾走する映像はそれまでのラプティのイメージを覆すものでした!!セクシー路線というか。可愛いのに、ワルい!

デザインも、クリア地にグラデーションでカラーがかかったボトルにラプティちゃんのイラストが入る他の物とは違い、不透明で真っ黒、神秘的でクールな印象。素敵~

 

 

えっと、ここまでゲラン大好きマンがお送りしましたが、彼女はゲラン自体も初でした。

そんな彼女がなんでゲランのフレグランス(この言葉の高級感!)の購入に至ったか?いろいろヒアリングしてみました。香水フリークのひとりとして。

 

結果↓

・ボトルで興味を持った

・新作だった

・香りが気に入った

私はゲランを付けているんだぞというマウンティング、威圧をしたい

 

うんうんそーだよねー、逆さハートのボトル最高だよねーと聞きながら、最後の理由にはビックリしましたね。

分からなくはないけど、マニアとしてはちょっと悲しい。香りは威圧するものではないと思います。フレグランスがかわいそう。

 

付け方についても、BAさんの受け売りと自分のイメージで、手首&耳裏(「フェロモンが出そうだから」)とのこと。

ラプティは、

「時代を超えた女性らしさの象徴、 そしてマストハブアイテムとして愛され続けてきたリトル ブラック ドレスにインスパイア」されたというコンセプトこそ親しみやすいけど、それなりに主張強いので、付け方に注意が必要だと思うんですよ。香りの飛びが早い夏場は特に!!

現に、近くで過ごしていた私が感じるレベルでした。私は香りバカなので、多分他の人は匂いきついな~ともっと気になるはず。

 

私のおすすめの、香りが強い香水が威圧しすぎないで、かつ自分は満足できる付け方は、

「鎖骨」あるいは「肩」に付けることです。

 

よく言われるのは、強い香水は下半身(=人間の鼻から遠いところ)に付けると香害になりにくい、というものです。

ただ、それって自分にとっても香りをやや楽しみにくいってことじゃありませんか?

せっかくフレグランスを付けているのに、自分で付けていると分からないレベルでは意味ないですよね??

 

個性の強い香りを試すことや、立ったり座ったりのある場では動作のたび香るので、下半身もいいと思うのですが、

自分でわからないと面白くないよね~というのが持論です。

 

香りは血管の通っている皮膚の上が拡散しやすいです。あたたかいので。

鎖骨や肩は骨なので、そこまで拡散されずに使いやすく、

なおかつ自分の鼻には近いので、また少し近づけて嗅いで楽しむことも出来るのがイイと思ってます。くんくんしたくないですか?私はやります。(謎の主張)

いずれも夏場に薄着になるほうが外に露出することが多く、そのぶん拡散力は大きくなると思います。

そのへんはお好みで、服に隠れるところにつけたり、またはあえて二の腕あたりにしてみたり。

 

 

まあこれらはあくまでオススメで、

・香りを自分で楽しみたい人

・香りでマウンティングしたいわけじゃない人

に当てはまると思ってください。

香りはキスしてほしいところに付けるってココシャネルも言ってた。耳や手首につける動作そのものがスキって人もいますよね。

楽しみ方は人それぞれですからね。むしろ自分流を探求してくれたら本望です。

 

 

さて同期ですが、数少ないお気に入りを厳選して使うタイプなのです。香水はそもそも初ですがコスメとかファッションもそうとのこと。

 

……そう言われると、お気に入り「+1」を薦めたくなってしまう人間、それが私です!!!

今回、彼女に色々と話を聞くうちに、むくむくと(新しい好きそうなやつオススメしてぇー……)という欲が涌いてきまして、

にわかコンサルタントみたいなことをしてしまいました。

 

いやー、めちゃくちゃ楽しかったです。

詳しくは、次回お書きします。乞うご期待!

 

→書きました。②はこちらです

 

 

かしこ