フミの恋文

好きなコスメ、香水、宝石、映画、音楽、その他カルチャーへの想いを綴るブログ

香り水を薦める話②

 

今回は前回の記事 「香り水を薦める話①」の続編です。

 

同期が初香水を購入した私の、お気に入り「+1」オススメ計画が始まります。

 

さて、好きな香りを探るには、気に入ったというラプティ ブラックパーフェクトの、香り構成要素を見ていく必要があります。

 

本当は「ラプティ」シリーズのそれぞれの違いを書きたいですが、これ以外に私が嗅いだことがあるのは、量り売り所有の「インテンス」だけなので、自分の言葉では話せないのです。いつか揃えるまで、控えておきます。

 

「ラプティ」EDPのざっくりした基本要素はこうです。

トップ:ローズ、ジャスミン

ミドル:チェリー、ブラックカラント

ラスト:ホワイトムスク、ホワイトアンバー

 

すっごいざっくり書くと、ローズを中心に爽やかなフルーツが香り、ベースはムスク系、こんな感じです。

ラプティに関しては、バージョンそれぞれの違いはマイナーチェンジ程度で、全体的な構成は似てます。

詳しくは実際に嗅いでレビューされてる方のを見られたし。

 

雰囲気は、甘めフレッシュで、おしゃれ好きでキャッキャとした若い女の子。女子会とかが大好きなタイプ。

 

そう、ラプティちゃんは生きた女の子なのです。なぜなら、ラプティちゃんは自らの言葉で話します。


f:id:fumi_miyagawa:20180905082051j:image

(前回の復習。この子です。)

 

公式サイトを見てください。香りの説明ページで、ラプティだけが、饒舌に自分自身を語るのです。嬉しそうにドレスの説明までしてくれます。危ういくらい自信たっぷりで、可憐で無邪気に美しい……それが私がラプティちゃんに惹かれる理由なのかもしれません。

 

ブラック パーフェクトちゃんは、彼女自身が語るように、「ひと味違った魅力」を見せています。

 

まずローズのトップノートは、アーモンドで味付けられて、独特の深みを帯びます。

このローズもただ者ではなく、ローズウォーター、ローズエッセンス、ローズアブソリュートと強さの段階の違うローズを重ねることで、徐々にその濃度を増していくようになっているんです。

他のラプティと違い、アーモンドがフルーツポジに収まっている?のでフルーツは無いです。

ベースはムスク系ではなく、パチュリ、トンカビーン。パチュリが主張を感じました。そしてそこにレザーが加わり、強さとかわいらしさのバランスが絶妙です。

セクシーさもありますが、「オーセンティックに女性的、かつかっこいい」という感じでしょうか。

(フェムタチだったら歓喜されるやつ……)

 

個人的な好みとしてはパチュリがあまり得意ではないのと、何だか、酸っぱく感じてしまってダメでした。

同期にとってはこの「パチュリ」が鍵になりました。

他の好きな香りを訊いたら、SABONの人気のやつ……と言うので、「パチュリラベンダーバニラ?」→どんぴしゃでした。

パチュリ臭の特徴(スモーキーでアーシー、エキゾチック、墨汁っぽい)を伝えて何とか意思疏通を図る私。パチュリが彼女の好みだということが分かりました。

 

そこからは、パチュリを含んだ人気の香りから、例えばジャスミンは好き?ベルガモットは?木の香りは?と、要素要素で探りを入れていきました。これも難しいです。嗅がせるのが一番早い!!!口頭でやるなら、私が香りの特徴、違いをかんぺきに述べられなきゃいけない。それでも感じ方に個人差はあるし、もとの香りを知らない人には、説明だけじゃ判断できないと思います。

せめてもう少し説明を上手くできるよう、要素の勉強しようと思いました……。

 

あとは雰囲気は普段接してて感じるものから判断。堂々としてて、ブランドが好きで、女性っぽい感じ。

使用方法とかも同じですね。マウンティングしたいなら、トップからはっきり「香り!」って分かるものがいいかなと思って選んだのが……

 

 

シャネル 「アリュール」EDP


f:id:fumi_miyagawa:20180905065223j:image

(公式サイトより)

 

マンダリン、ローズ、ジャスミン、バニラ、ベチパーなどからなる香調。

パチュリじゃねぇじゃん!!!!って思った方、すみません。パチュリも入ってるらしいんですよ。私嗅いだことないんですよ。ほんとごめんなさい。あんだけ聞いておきながら、きっかけとなったパチュリは弱いです。

でもね、香り方がぴったりだと思ったんです。昔の流行りものの香りなので、ご存知の方もいらっしゃるでしょうけど……

 

香りには系統(ファセット)があります。

フレグランス業界でよく言われるのは、フローラル・フルーティー・ウッディー・あまり知られていないのだとオリエンタルなど……

たいていの香りは1つまたは2つのファセットで表現されています。

それに対しアリュールは、6つのファセットから構成され、「どの香りが出てくるかは人によって違う」という特徴が!

つまり、オンリーワンなフレグランスなのです。専門的には、人によって香りの出方が全然変わるものを「シンクロノート」といいます。

また、それに伴い、一般的な香水のように「トップ」「ミドル」「ラスト」の三段階に分かれてこの香り要素が出てくる、という概念はありません。

どちらかといえば最初からドーンと香るとのことです。

 

そのような、オンリーワンなもの、好きそー!というのと、シャネルの華やかな雰囲気が似合いそうだなと思ったので、こちらをオススメしました。

生まれた年が近いというのも好みそうです。笑

 

 

最初はフーンと聞いているだけだったのに、数日後、すっかりアリュールが気になってしまった様子の同期を見て、「香りを薦める」楽しさに目覚めると共に、もっと香りの勉強したいなーと思ったミヤガワでした。

 

 

すごく長くて自分で書いていて疲れました💫

ここまで読んでくださった方はありがとうございます。

 

更新速度が月イチですがもう少し上げたいとは思っています。

書きたいネタはあれど、気分が乗ったときしか書けないので進まない。

気分が乗るようがんばります。

 

 

 

 

かしこ